2018年6月3日日曜日

四十肩の悩み

四十肩の悩み

安静後の三連投で右肩の痛みが再発。
レントゲンやMRIでも異常なしと言われていますが、であれば台間サンドにお金を入れるだけで訪れるこの激痛は何が原因なんでしょうかね。
特に痛いのは、物を落としかけ、反射的に右手で拾おうとした時。
あまりの激痛に脂汗が吹き出して数分動けなくなります。
パチ屋でこれが発動すると、ほぼ100%誰かしらに「大丈夫ですか?」と声を掛けられるので、傍から見ても心配になるほど苦しそうなんでしょう。

色々と調べてみても諸説あったり原因不明だったりするようですが、一致して言えるのは二年弱で自然治癒すると言う事。
実際、数年前の私の左肩も二年くらいで治りましたし。
緊急時は朝倉治療院でゴッドハンドの院長先生にマッサージや鍼を打ってもらうくらいにして、後は諦めて四十肩の痛みと上手に付き合いながら自然治癒を待った方が良いんでしょうかね。
稼働過多で重度の四十肩に悩んでいるパチスロ生活者の方々がいたら、どう対処されているのか聞きたいです。

ちなみに。
三連投の中身はこんな感じでした。




2018060301

北斗の拳・羅刹を打ったり。
修羅では堅かった女人像が羅刹ではサクッとハズれるんですね。
もう少し打ち込んでみて制御や内部仕様を把握したいです。




2018060302


2018060303


2018060304

不二子も良く打っています。
制御やスペックが素晴らしいだけに、打てば打つほど「せめて4段階設定だったら」と思ってしまいます。




2018060305


2018060306


2018060307

何れの当たり方も初体験。
はい、サザンCも久しぶりに打てました。




2018060308

久しぶりながら目押しも割りとやれて、BIGが5回分(約1750枚)も足りないのに+1000枚弱で勝ちきりに成功。

この三連投で痛みが再発し、二連休を頂いて静養中です。
早く四十肩が快方に向かってくれる事を切に願います。

続き、更なる情報は→ガリぞうのパチスロBlog